会社情報|

沿革

1989年
  • コールセンター向けプロ用ヘッドセットを開発するために米国ニューハンプシャー州ローリンスフォードにて設立。
  • お客様のご要望を集めて商品化されたゴールド(Gold)シリーズヘッドセットは耐久性や装着感とともにその優れた音質により多くのコールセンターで採用される。
1990年
  • L.L.Bean社やHome Shopping Network(HSN)社など大手通販会社に納品
1991年
  • 商社トーメングループのトーメンテレコム社(現在 豊通シスコム)と代理店契約し、日本市場での本格的なコールセンター立ち上げに寄与
1993年
  • グローバル通信会社MCIワールドコム社へ納品開始
  • NASA(米国航空宇宙局)の地上センター向けに数多くのヘッドセットを、デビッドクラーク社を介して納品開始
1994年
  • AC電源や電池不要の業界初のラインパワーアンプを発表
1995年
  • ドラゴンシステムズ社(現在 ニューアンス コミュニケーションズ社)とOEM契約し音声認識市場に参入
  • 音声認識精度を高めた商品を開発
1998年
  • PC搭載の各種サウンドカードに互換性のあるトランスレータを発表し、CTIマガジン社の”プロダクトオブザイヤー”を受賞
1999年
  • ゴールド(Gold)シリーズヘッドセットの後継機種としてタフセット(TuffSet)シリーズヘッドセットを発表
2000年
  • Cisco社の戦略提携パートナーとしてVoIPソリューションに協力
2001年
  • どの電話機にも対応する万能タイプのアンプEveronを発表
2002年
  • USBヘッドセットを発表
2003年
  • 日本法人 株式会社V X I を設立
2004年
  • タフセット(TuffSet)シリーズの後継機種としてパスポート(Passport)シリーズヘッドセットを発表
2005年
  • Bluetooth対応の一般電話回線用コードレスヘッドセット 
  • ブルーパッロットB100(blueparrott B100)を発表
2006年
  • Bluetooth対応のPBX,ビジネスホン用コードレスヘッドセット 
  • ブルーパッロットB200(blueparrott B200)を発表
2008年
  • ブルーパッロットが医療用音声認識ソフトと組み合わせたシステムに採用される。
2009年
  • シングルコード使用の両耳タイプヘッドセットPassport21並びにヘッドバンド、ネックバンド、耳かけ3方式が可能なヘッドセットTriaを発表
2010年
  • AVAYAのDevConnect Programでゴールドメンバーに選ばれ、VXI製品がAVAYAに認定される。
  • USBアダプタ X100-V, X200-Vを発表
2011年
  • blueparrott Xpressway、新TalkProシリーズ、トレーニングYコード M/V 、ミュート・ボリュームスィッチを発表
2012年
  • UC ProSet 10V/21V, blueparrott Xpress, blueparrott B250-XT+を発表